1000万円~おすすめ資産運用

貯金1000万超えたら資産運用しないと損!?20代や30代で貯金1000万ある人の割合とは?

貯金が1000万超えたら資産運用しないとだめかしら?
20代とか30代で貯金1000万ある人の割合はどれくらいなんだろう?

 

実は貯金しかしていないと損してしまうって知ってましたか?

 

貯金が小額の内はまだいいのですが、貯金が1000万円を超えたら必ず資産運用すべきです。

 

1000万円は大きなお金ですが、資産運用を始める絶好のタイミングでもあります。20代や30代でも貯金1000万ある人の割合は意外と高いです。

 

貯金1000万超えたら資産運用しないと損な理由やおすすめの資産運用方法について解説していきます。

 

預金1000万以上は分けないと危ない?1000万どこに預けるべきか?銀行の優遇サービスや運用先を徹底分析預金が1000万以上になったら分けるべきでしょうか?確かにペイオフ制度は1000万円までしか保証してくれません。さらに、預けるなら1000万円はどこに預けるべきでしょうか?銀行の優遇サービスや運用先を含めて解説していきます。...
貯金2000万円を運用!10年で5000万円に増やす運用方法とは?最適解をシミュレーション 2000万円というまとまった金額が貯金できたら、どうやって資産運用していけばいいのでしょうか。 金...

20代で貯金1000万ある人の割合とは?

周りの人がどれくらい貯金しているかは、普段聞けないけど、どうしても気になりますよね。

 

年代別の貯金額を確認してみましょう。

 

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和3年)」によると結果はこちらです。

 

年代別の貯金額(20代)

 

貯金が100万円未満の人が43.5%と半数近くを占めています。貯金額が増えると徐々にその割合は減っていきますが、貯金が400万円未満までの人の合計は76.5%となります。

 

つまり、大多数の人は貯金400万円未満となっています。

 

一方で、20代でも貯金が1000万円以上ある人は存在し合計で4.6%います。3000万円以上ある人も0.6%いる結果となりました。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
意外といるなぁ、という気もしますがとても少ない割合なのは間違いないですね!

 

30代で貯金1000万ある人の割合とは?

続いて30代だとどうなるでしょうか?

 

結果はこちらです。

 

年代別の貯金額(30代)

 

貯金が100万円未満の人は28.1%と大きく減少しています。

 

400万円未満までの人を合計すると55.3%となっており、20代の時の76.5%と比較するとこちらも大きく減少しています。

 

一方で、1000万円以上ある人の割合は17.1%となっており、20代の時の4.6%から大きく上昇しました。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
30代ともなると落ち着く人が増えるのか、貯金額が大きく伸びていますね!1000万円以上ある人の割合は17.1%とそれなりの割合となっています。
運用女子さゆり
運用女子さゆり
ちなみに40代になると1000万円以上ある人の割合は31.6%です。比較的多くの人が貯金額が1000万円を超えてますね。貯金額的にも年齢的にも資産運用を始めたいタイミングとなってます!

 

貯金だけでは損してしまう理由

もちろん貯金すること自体は悪くないのですが、貯金しているだけでは損してしまう可能性が高いです。

 

その理由を解説していきます。

 

元本保証はいくらまで?ペイオフとは

まず貯金なら元本保証で絶対安心という考えになっていませんでしょうか?

 

残念ながら銀行が保証してくれる金額は決まっています。

 

銀行が破たんした時は、ペイオフと呼ばれる仕組みが適用されますがこちらが適用されるのは1000万円までです。

 

元本保証は時代遅れ?1000万円を低リスクで増やすおすすめ運用方法を解説 資産運用はできるだけ早く始めた方が良いですが、遅くとも貯金が1000万円貯まったら必ず運用をスタートすべきです。...

 

貯金額が1000万円を超えてくると、「貯金」=「絶対安心」という考えは成り立たなくなってくるのです。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
とりあえず貯金をしておけば絶対安心という状態ではなくなるので、やはり1000万円を超えたら資産運用を始めるべきです。

 

貯金が無価値に??インフレの恐怖とは

続いて、恐ろしいのがインフレです。

 

インフレとはインフレーションの略で物価が上がることを指します。モノの価格があがるということは結果的にお金の価値が下がることを意味します。

 

具体的な例を交えて考えてみましょう。

 

貯金1000万円は、毎年5%ずつ物価上昇していくとどうなるか?

1台500万円の車が何台買えるかで考えてみましょう。

現在は当然1000÷500=2台ですよね。

それでは、今後はどうなっていくでしょうか?

 

頭で考えるとなかなか難しいですよね。

 

毎年5%ずつのインフレを図にするとこのようになります。

 

インフレによる貯金の価値の減少

 

1000万円の貯金の価値は今後どうなっていくのか?

 

7年後には710万円の価値しかなくなり、14年後には500万円の価値しかなくなります。実質半値になってしまっています。

 

日本では基本的に毎年2%の物価上昇を目標に掲げています。

 

つまり、貯金しかしていないと基本的には損するのが政府の方針です。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
実際に最近は世界的にインフレ傾向が加速していますし、日本の物価も上がってきています。貯金だけでは本当に不安な世の中になってきましたね。

 

資産運用しない事による機会損失

さらには、資産運用せずに貯金をそのままにしておくことで、資産運用していれば本来得られたであろう利益も失ってしまいます。

 

つまり資産運用しない事による機会損失が発生しているのです。

 

例えば今ある貯金1000万円を資産運用していれば今後どのように増えていくでしょうか。

 

年利5%で資産運用できた場合を考えてみましょう。

 

資産運用による貯金1000万円の増大

 

7年後にはプラス400万円の利益が生まれ、14年後にはプラス1000万円の利益が生まれています。

 

資産運用せずに14年間を過ごしていたら、本来得られたであろうこの1000万円を失ってしまう訳です。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
資産運用しないと、いかにもったいないかが分かりますね!

 

1000万円を資産運用する時に気を付けたいこと

それでは実際に貯金が1000万円を超えたら、どのように資産運用すればいいのでしょうか。

 

資産運用の方法は数え切れないほどあります。

 

  • 株式投資
  • 債券
  • FX
  • 投資信託
  • 仮想通貨
  • 不動産
  • ソーシャルレンディング
  • REIT
  • ヘッジファンド

などなど

 

貯金1000万円では、不動産投資のような多額の資金を必要とする投資は難しいですが、かといってFXのようなギャンブルのような投資もリスクが高いです。

 

1000万円を資産運用するなら、リスクを抑えながらもそれなりの利回りを狙える資産運用を目指すべきです。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
リスクを抑えて年利10%程度を目指すのが理想かと思います!

 

1000万円を資産運用するおすすめの方法とは

運用女子さゆり
運用女子さゆり
リスクを抑えた安定運用はどうやってやればいいんだろう?

 

資産運用の方法で最も一般的な方法は株式や投資信託です。

 

ですが、どれも安定して利益を出していくには膨大な勉強時間が必要です。

 

資産運用に慣れていないのであれば、自分でやるのではなくプロに任せるヘッジファンドでの資産運用がおすすめです。

 

※ヘッジファンドとは?

投資家の資産を預かり、代わりに運用してくれる資産運用のプロフェッショナル集団。各種金融機関で実績を残した一流の人物がファンドマネージャーを務める。主に欧米の富裕層を顧客として発展してきた。

 

ヘッジファンドは特に欧米の富裕層に愛されており、資産運用のプロフェッショナルとして発展してきました。

 

その運用能力は折り紙付きで、優秀なヘッジファンドであれば利回り10%~を期待することも可能です。

 

初心者でも投資できる?資産運用の条件とは

そう言われても初心者でも簡単に利用できるのか不安になりますよね?

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
安心して下さい!ヘッジファンドは基本的に誰でも出資可能です!

 

投資家を募集中のヘッジファンドであれば基本的には誰でも運用を依頼できます。

 

ただ、もちろん投資の条件は満たしている必要があります。多くのヘッジファンドでは最低投資金額が設定されていますので、それを上回る金額で運用を依頼するようにしましょう。

 

(そういった条件を満たしていてもファンド側に断られることもあります。それはもうご縁がなかったと思って気にしない方が良いと思います。)

 

最低出資金額はいくらから??

最低出資金額はヘッジファンドごとに異なります。

 

欧米のヘッジファンドでは1億円以上が主流ですが、日本のヘッジファンドでは1000万円以上の所が多いです。

 

自分の資産運用に回せる金額を考えてファンド選びを考えましょう。

 

また、投資先を選ぶ際に確認してほしいポイントがありますのでそちらもご紹介しておきます。

 

ヘッジファンドを選ぶ際の注意ポイントとは

◆ヘッジファンドを解約する時の条件

ずばり重要なのは解約する時の条件です。

 

ヘッジファンドとしては、投資家には長期で資産運用してほしいので短期で止めるとペナルティがある場合があります。

 

例えば

「1年以内に解約すると元本から-20%」

「3年間は解約できない」

など

 

運用成績があまり良くなかった時やヘッジファンドに対しての信頼が揺らいだとき、解約したくなると思いますがすぐに解約できないのでは大きなストレスとなってしまいます。

 

必ず解約の条件は確認するようにして下さい。

 

運用女子さゆり
運用女子さゆり
資産運用では、リスクを抑えるために解約の条件を確認するのは必須です!

 

どうやってヘッジファンドに資産運用を依頼すればいいの?

ヘッジファンドに資産運用を依頼しようと思ったらどうすればいいんだろう?

 

ヘッジファンドは既存顧客からの紹介で投資家を募集しています。

 

知り合いにヘッジファンドで運用している人がいれば紹介を頼んでみましょう。

 

ただ、知り合いなんていないという人が圧倒的に大多数だと思いますので安心して下さい。

 

ヘッジファンドに直接連絡を取ってアポイントを取れば説明を聞けるはずです。

 

個別のヘッジファンドについては下記ランキングにおすすめファンドをまとめていますのでぜひ確認してみて下さい。

 

安定して高利回り10%~を目指すなら!